cadogdeliownerBLOG

愛犬と愛猫とCADOGDELI

92歳料理家さん。

 

 

福岡で住むようになって

 

気になっていた

92歳の九州を中心に活躍される

料理家·桧山タミさん。

 

桧山先生初出版の本なのだそう。

 

f:id:cadogdeliowner:20170929232021j:image

 

たまたま、私がよくお世話になる

キッチンツールのお店のオーナーさんが

とても桧山先生にご縁が深い方でした。

 

 

こちらの本、買って置いたまま…

なかなかゆっくりは

見ることがしばらくできませんでしたが

 

今日、出張もありまして

じっくり飛行機で読みました♡

 

 

 

 

すり鉢持ってきて

 

と指示されたら

 

本当にすり鉢しかもってこない。

 

 

そんな、気働きが鈍くなっている最近の子。

 

 

 

 

本物に似せたウソも

沢山あるようになった世の中で

自分で考える力、選ぶ力をつけるという事。

 

 

「お好みの塩加減」

 

その意味が分からず

 

「分からないこと」が出てくると

まず、自分で考える事をせず

何から何まですぐに人に正解を聞きたがる子。

 

 

…etc

 

レシピや人生経験も、勿論面白く読みました。

 

私より50歳以上の人生の先輩の言葉ですが

 

その気持ち少しわかるなぁ…と、

共感してしまう部分は沢山でした。

 

 

こちらの本、もしご縁がありましたら

読んでみるのもいいかもしれません。

 

個人的に経験に勝る知識はないと

思っております。

 

いい事も悪い事も経験値が高い方の話は

本当に面白いものです。

 

すぐ迷う方、

 

すぐ悩む方、

 

すぐ落ち込む方、

 

 すぐ、諦める方や投げ出す方、

 

そんな方への解決のヒントは

 

自分より人生経験が豊富!

とおもう人間の言葉や話を

 

素直に1度受け入れて考えてみるのも

解決につながる糸口なのかもしれませんね。

 

今の自分自身に

冷たく響くとも、暖かく響くとも

 

目や耳をそらさず自分に問い直す事で

 

その言葉のひとつひとつに

ヒントが隠されているかもしれませんよ。

 

 

 

さて、今日飛行機で頂いた軽食。

 

自分では考えつかない

まさかの組み合わせのメニューがありました。

 

しかもこの組み合わせは新鮮な衝撃。(笑)

 

 

帰ったら隙間時間で

レシピ考案してみようと思います♡

 

それではまた! 

 

 

  

犬猫に3つ同時に問題がある場合。

 オーナー家だったらどうする?

と、言う事で

 

時折あるご質問。

 

「もしも、食の問題·躾の問題·病気の問題と

3つが重なる場合、

 

オーナーだったら優先順位をどうしますか?」

 

 

と、いうご質問。

 

 

躾は特にワンコと暮らしている方に

多いお話ですね。 

f:id:cadogdeliowner:20170924171342j:image

 

 

CADOGDELI

 

本当に大まかに分けると

 

1:犬猫の食育、食材、フード、健康関連部門

 

2:犬猫とのしつけ、トレーニング、生活部門

 

3:犬猫の病気、症状、サプリ、診療部門

 

+α(グッズ·ウェア·その他)

 

を、現在の大きな3つの柱なので

 こういったご質問がでるのですが

 

もし、我が家の4匹に

3つの問題が出た場合、どうするか?

 

まず、私でしたら

 

最優先は

 

3の犬猫の症状、病気に取り組むでしょう。

 

 

なぜかと言うと

 

食事の問題、問題行動の原因が

もしかしたら

その症状や不調から来ているという場合も

考えられるからです。

 

ヒトに限らず、犬猫も

身体の機能というのは神経などで

繋がっているものです。

 

体調悪い時、

 

イライラするヒトもいるでしょうし

 

そっとしておいてと思うヒトもいるし

 

 

今日、二日酔いで食欲無くて

なんて事もありますよね。

 

(私か。)

 

犬猫の例え話とするならば

 

急に殺気たつほどに食欲が上がり

食べ物では無いものでも

尋常じゃないぐらい常に食べてしまうケース

 

色々と学んでいる私でしたら

 

躾の問題行動!

トレーニング教室できこう!!

 

 

ではなく

 

まず、最初は

いくつかのある内臓器官のトラブルを疑います。

 

そこのトラブルを落ち着かせたら

その問題行動が無くなる場合もあるからです。

 

 

 

で、症状が落ち着いても

問題行動が直らない場合は

 

「躾の問題」と捉えます。

 

 

 

そこで2番目·3番目をどうするか?

 

これは食育と躾が

同時進行できるならそれが1番良いでしょう。

 

できない場合なら

 

どちらが暮らしていく上で

優先順位が高いのかを考えます。

 

我が家ならば

 

私との基本生活の危機、生活に支障があるほどの

躾の問題はあまり4匹にありませんので

後者のスタイルを取っておりますが

 

症状が落ち着いても

飼い主様の生活がままならない程の

ひどい問題行動が直らないならば

 

2番目に躾問題、3番目に食育です。

 

 

症状が落ち着いたら

問題行動も落ち着くのならば

 

2番目に食育、3番目に躾問題

 

となるかと思います。

 

後者は

 

食育での健康維持を心がけ

内臓器官のトラブルを再発させない。

 

=問題行動も起こさせない。

 

という考え方です。

 

あくまでも我が家の場合ですが

ご参考になりましたら♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の味覚☆秋刀魚

秋の食卓を知らせる食材の一つ 秋刀魚(サンマ)

 

f:id:cadogdeliowner:20170925110008j:image

 

 

北のサンマは脂のうまさ。

南のサンマは身のうまさ。

 

北から南に味わいを変化させていくお魚ですね。

 

今年は不漁かもといわれていて

少しお値段があがるかもという話もありますが

 

気軽にスーパーなどでも

手に入れやすいお魚の一つですから

 

ヒトの食事にも、犬猫の

旬の秋にはたくさん取り入れたい

動物性たんぱく質食材のひとつです♡

 

サンマの脂肪には

がん予防や皮膚粘膜の保護に有益とされる

ドコサヘキサエン酸(DHA)も多く含まれ、

 

うま味成分としてのひとつタウリン

肝臓の解毒作用として抑えておきたいと思う

成分のひとつです♡

 

 選び方としたら

 

背がギラギラしていて

腹が銀色に輝いているもの。

 

口先にある黄色は脂のりが良い証といわれます。

 

私自身はサンマは塩焼きで

シンプルに食べるのが1番好きです。

 

 f:id:cadogdeliowner:20170925115213j:image

 

犬猫メニューも同様で、

別にお野菜を付け合わせる事が多いです。

 

 

犬に塩焼きなんて!!

 

と、思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

確かに犬猫に塩分というのは

ヒトより少ない量でも大丈夫なのですが

 

万が一取りすぎたとしても

別にある内蔵の機能が正常に働いている限りは

特に問題はないかと思います。

 

 

そして塩分というのは愛犬愛猫にとっても

実はどちらかというと必要なものなのです。

 

 

愛犬愛猫の身体の仕組みの基本を

きちんと知ることで

不安は無くなるかと思いますので

 

当店や、私のお料理教室等へ来て頂くか、

 

お近くのペット食育協会®各指導士の各講座などで是非お問い合わせください。

 

(北は北海道から、南は沖縄までいます。)

 

※九州·沖縄では、福岡·佐賀·大分·鹿児島·沖縄にはおります♡

 

あと、骨がノドに刺さると

心配される方も多いのですが

 

ほとんどの場合は

上手に骨ごと食べてしまう子が多い様です。

 

※野良猫ちゃんは骨を取ってもらえませんが

上手に食べている子がほとんどです。(笑)

 

 

ただ、ご心配でしたら

大きな骨、目立つ骨を取ってあげる。

 

または上記を除いたあと

 

フードプロセッサーなどで

ミンチ状態にしてしまってもいいでしょう。

 

特に、焼きたてで新鮮な魚ですと

骨から身がはがしやすくなります。

 

また

 

アクシデントなどで

丸ごと盗み食いもあるかもしれません。

 

(※我が家では経験済み)

 

調理前に口先に釣り針などが残っていない事も

念の為に確認しておくと安心でしょう。

 

 f:id:cadogdeliowner:20170925115249j:image

 

 ☆サンマ焼き☆5kg前後の犬猫4匹分

 

サンマ2匹ほど

残り野菜 適量

 

1:サンマを4つにぶつ切りしてグリルで焼く

 

2:残り野菜を一口大にきり、油を引いたフライパンで炒める

 

3:1と2を盛り付けて出来上がり。

 

※骨を取った後にでも

キッチン鋏で食べやすい大きさに切ってあげるのも手軽で簡単な方法です。(笑)

 

オーナー家の末っ子ライ。

 

f:id:cadogdeliowner:20170925112946j:image

 

この子はとっても猫らしくない猫に

元気良く育っております。(笑)

 

 

左近とジジを迎え入れて10数年。

 

「猫だし、こうするかな」という

私の概念?を、

ことごとく壊してくれる2歳の猫です。爆笑

 

おかげで、毎日見てて飽きませんけれど。

 

(笑)

 

ではまた!

 

 

我が家だったら?

 

かなり早起きをせずに

お散歩に行ける日が増えてきました♡

 

f:id:cadogdeliowner:20170924133007j:image

 

ワタクシ平均2時頃、就寝。

この季節の到来に少々ほっとしている

 

(笑)

 

CADOGDELIオーナーです。

 

私が店頭にいる時も、いない時も

簡単なご質問や雑談、笑い話はよくしておりますが…

 

結構、多いなぁ…と思うのが

 

「オーナーやオーナーの家では

〇〇どうしてますか?」

 

と、いうご質問。

 

価値観や、家族構成、生活スタイル…etcも

皆同じ!なんてそうそう無いことですし

 

これは本当に人それぞれですので

我が家の考え方やスタイルが合わない方も

もちろんでるでしょう。

 

これが絶対正しい事!とは

受け取らないで頂きたいのですが

 

我が家はこうしてますよ。という事で

 

「〇〇はオーナーはどうしてますか?」

 

「オーナーだったらどうしますか?」

 

と、比較的よく聞かれるお話を中心に

少しづつそんなお話も

お伝えしようかと思います♡

 

それは犬猫の食育の事だったり

 

犬猫のしつけの事だったり

 

料理の事だったり

 

生活スタイルだったり

 

本当に様々な事になりますが。(笑)

 

是非、何かの参考にでも、

そのひとつにでもなればと思います♡

 

☆☆☆☆☆☆

 

お店に遊びに来てくれたししゃも君

 

f:id:cadogdeliowner:20170924135013j:image

 

f:id:cadogdeliowner:20170924135053j:image

 

もうすぐ1歳で、まだまだワンパク状態で

元気いっぱいの男の子。

 

チャコは犬同士のご挨拶はできますが

 

はい、挨拶終わり。

 

と、なるとその後は

他の子と遊んだりはあまりしないのですが

 

ししゃも君とは珍しく遊んでいました。(笑)

 

 

ではまた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変化の時期?

 

実は?安室ちゃん世代の

CADOGDELIオーナーです♡

 

 

彼女の決断がニュースで騒がれていますが

潔くて、最後まで格好良い方だなぁと。

 

同世代としても、その潔さは

本当に素敵だなと思いました。

 

さて、実は10月中旬~下旬にプチイベントを控えているCADOGDELI

 

色々その関係もありまして

 あるBARへお邪魔しました。

 

 

誰も知らない、友人も近くにいない

どこがどこだが地理すらよくわからない状態で

 

(笑)

 

私が福岡に来たのが6年前。

 

初めて福岡で仲良くなった人が

こちらのBARのマスターでした。

 

f:id:cadogdeliowner:20170923075941j:image

 

 

美味しいレシピを教えて貰ったり

 

美味しいお店があるからと

皆と一緒に連れていってもらったり

 

仕事で煮詰まったり、悩んだりした時も

 

いつもふらっと

1人で気分転換に寄れる場所でした。

 

f:id:cadogdeliowner:20170923080300j:image

 

でも、今年の10周年と

先月末に結婚されたことを機会に

 

今年いっぱいでBARをやめるのだそう。

 

 

最近、お世話になってきたお店が

 

引越しや妊娠、結婚…

 

おめでたい事、いい事がきっかけとはいえ

立て続けに閉店、閉店予定。

 

個人的には本当に寂しいのですが

 

そろそろ私もお店も、取り巻く環境が

 

「本格的に変化する時期」

 

に、入ってきたのかもしれません。(笑)

 

 

 

さて、来週は

私の外出が多くなりますので

店頭にいない事が多いかもしれませんが

 

f:id:cadogdeliowner:20170923082113j:image

 

いつものスタッフ達&スタッフ犬達で

お店は通常営業しております。

 

f:id:cadogdeliowner:20170923082208j:image

 

来週もよろしくお願いします♡

 

f:id:cadogdeliowner:20170923082239j:image

 

 

 

 

何か見たことある。

今日は

 

トレーニング教室もあって

お店のオーナーとしては新作のモデルも

やってもらう企みの為

 

本日はお散歩と言われ騙された

チャコが出勤。

 

f:id:cadogdeliowner:20170921205643j:image

 

 

朝から閉店までバタバタの店内。

 

トレーニング教室や接客が終わり…

 当の看板犬、既にモデルはやる気なし。

 

f:id:cadogdeliowner:20170921205805j:image

 

こんな子、ダイビングやってた時に

フグで見たことある気がするのは

 

気のせいか?

 

 

 

 

 ではまた!(笑)

 

 

 

 

 

CADOGDELIは我が子基準。

 

本当に定期的に

 

 

子供用のお惣菜&お洋服のお店などと

よく間違えられるCADOGDELIです。(笑)

 

 

f:id:cadogdeliowner:20170921104417j:image

 

特に2Lサイズ以上になると

2~3歳の子が着れるのではないか?

 

という大きさなもので

びっくりされる事も度々あります。

 

※ぱっと見は着れそうなのですが

残念ながら犬服は

前がパッカーンとあいてますので。。(笑)

 

私は、縁あって迎え入れた子ならば

家族として過ごしてほしい。

 

そう思うからこそ

「人用のお店かと思いましたー!笑」

 

と、言われる事は

 

犬猫のものしかなく

ちょっと勘違いさせて申し訳ないと思う反面、

 

少しだけ、そのお言葉は

嬉しくもあったりします。

 

 

 

確かに通常の生活にて

犬に洋服は基本的にはそう必要ないのは

私も分かってはおります。

 

ですが、ドッグカフェなどでは

食品などに異物混入を極力させないため

 

毛の飛散を防止として

洋服を着用させるのは

ドッグカフェに連れていくマナーのひとつと

お約束事項にあるお店さんもあります。

 

着るのを本犬が

特に嫌がらないのであれば

 

私は一緒に暮らす飼い主様の楽しみとして

お洋服は着せてもいいのではないかと

考えているタイプです。

 

 f:id:cadogdeliowner:20170921105604j:image

 

我が家のお嬢さん

 

原則、夏場と自宅は

すっぽんぽんの状態です。

 

そしてチャコはサイズが合わないと

さすがに動きづらいらしく、嫌がりますが

 

(そりゃそうだ。笑)

 

小さな頃から着せていたので

特に嫌がらないタイプです。

 

お洋服=お散歩·お出かけという合図にも

彼女にはなっているようです。

 

 

そして、着せるならば

適当にじゃなく

できるだけ可愛いものがいい!!

 

f:id:cadogdeliowner:20170921110521j:image

 

「たかが犬や猫にそこまでする?」という

親バカ☆バンザイスタンスのCADOGDELI。

 

(笑)(笑)(笑)

 

 

だから、うちのお店は

 

自分達も食べたいと思うもの。

 

自分達が着せたいと思うもの。

 

自分達が信頼がおけると思うもの。

 

 

…etc

 

私とスタッフの

「我が子基準でクリアするもの」

しか基本的に扱わないのです。(笑)

 

 

さて、今日はトレーニング教室です。

チャコも夕方ぐらいまで出勤します。

 

ではまた!