cadogdeliownerBLOG

福岡・博多で手作り犬猫ご飯の専門店をしています。

台風と備蓄フード

 

ふと21時頃に寝てしまって

こんな時間(3:00)に起きてしまいました。笑

 

もう、中途半端に?無駄に寝るよりかは

このまま起きてしまおうと考えた

CADOGDELIオーナーです。

 

 

と、言うわけで

おはようございます。(笑)

 

f:id:cadogdeliowner:20181003102217j:image

↑訂正写真。本日のひとコマ。

 

※寝ぼけて前回と同じ写真を使ってましたね。

 

 

 

 

秋は気温としては

過ごしやすい季節なので

個人的には好きですが

 

春と秋は、CADOGDELIエリア

犬猫の体調も急変しやすい季節でもあるので

仕事としては気が抜けない時期です。(笑)

 

また、台風が向かってきてますね。

 

今週も台風情報を

チェックしながらの営業です。

 

個人的には土曜日は

お勉強に行くのもあって

 

どちらにしてもくるというなら

できたら…日曜日がありがたいんですが。

 

APNAの入門講座などでも

よくお話しますけど

 

災害時の備蓄品は

 

市販フードでしたらウェットフード、

手作りも食べる子でしたら缶詰、

レトルト食品、離乳食などを

用意しておく事をすすめています。

 

 

特に断水時には

断水が落ち着くまでは

カリカリは避けておくのが無難です。

 

もちろん、その後の備蓄としては

カリカリを揃えていても

 

個人的には構わないと思います。

 

断水時に

なぜカリカリを避けるのかといえば

 

カリカリは新鮮なお水と一緒に摂取する

というのが、前提ですね。

 

カリカリフードというのは

 

水分含有量がフードの中では特に低い事もあり

あけてすぐ腐るという事はない

 

そんなメリットがありますが

 

愛犬、愛猫の状況下によっては

そのメリットが、デメリットにもなります。

 

 

断水時、ヒトにも貴重となるお水。

カリカリは水分含有量が低い為、

犬猫も水を欲しがります。

 

ウェットフードや缶詰などですと

その食事自体に水分が含まれているので

カリカリほどお水は欲しがりません。

 

 

犬猫の手作りご飯をされている方は

よくわかると思いますが

 

我が家も基本的に手作りご飯が中心。

 

手作りご飯は、フードの中では

水分含有量はトップクラスです。

 

食事で水分も摂取しているので

 

もちろん、毎日お水は置いてますが

 

カリカリを食べている時よりかは

当然、水は飲みません。

 

 

万が一の備蓄品の事、

是非ひとつのご参考になれば何よりです♡

 

f:id:cadogdeliowner:20181003032135j:image

 

まぁ、何も被害などがないことが

何より1番なのですが(;▽;)

 

それではまた!