cadogdeliownerBLOG

福岡・博多で手作り犬猫ご飯の専門店をしています。

多分、一生「慣れない」コト。

 

ヒトも犬猫も死亡率は100%

 

私の叔母の1人は3歳で亡くなり、

 

恐らく、私にとってもう、唯一無二であろう

5歳からの大親友だった

幼なじみは19歳で交通事故で旅立ち、

 

私の弟の様な存在でもあった

 

従兄弟も20歳なったばかりで

自ら、見ず知らずの土地で旅立っていった。

 

父方も…その他諸々…etcで

実は私は物心ついた頃から

 

比較的…なんて言うのか、いいのか悪いのか?

 

妙に死や命と常に向き合う様な環境で

実は今まで育ってきています。

 

こんな話をすると、多分それぞれ

ヒトとしては、早い旅立ちと言われるのでしょうか。

 

 

その時を迎える時期が

 

早いか、遅いかはそれぞれで

多分、運命の違いだと思う事に私はしています。

 

 

私は多分、スタッフだけではなく、お客様にも

厳しい事をよく言う方だと思います。

 

それがご納得頂けない方、

耳障りな方、嫌い!!と思う方も多いでしょう。

 

それならば、それでいいと

40代そこそこで

生意気な女!!と言われても構わない。

 

と、私個人的にはどこかで思っております。

 

でもね、命に関わる事は

1歩まちがえれば、一切取り返しがつかないの

多くの実体験として私は知っているのです。

 

別に深く話す必要もないでしょうから

いちいち過去の話を個人的に

話す事はほとんどありませんが、

 

身近な存在、そして自分自身も含め

 

明日、命があるかどうか。

明日、生きられるかどうか。

 

今日を大事に出来るかどうか。

この瞬間の出会いや時間を大切にできるかどうか。

 

 

私は「命」に関わる経験を

比較的幼い頃から多く経験してきたのも

 

中途半端に甘えている方に

厳しくなりやすい部分は

捨てきれないのかもしれません。

 

 

物心ついてから、実体験として

沢山考える事がありましたから

 

何か悲しい報せを聞いても

私は泣く事はしないと心に決めています。

 

特に今は「支える側」ですから

泣く訳にはいかないとも思っています。

 

 

 

だけど

 

ヒトに限らず、犬猫の事でも

 

 

そんな悲しい、悲しい便りが届く時は

 

 

知っている犬猫ほど、

 

頑張っていた飼い主様を

身近で知っていればいるほど

 

やっぱり息苦しくなり、

こんな私ですが、正直言葉は詰まります。

 

 

4年目となると、旅立っていくのを

当然、見送る事もあるものです。

 

 

 

やっぱり、こればかりは

どう頑張ってみても、当たり前ですが

「慣れ」る事はできないものですね。

 

 

 

でも、飼い主様の諦めない

頑張りを見ていたからこそ、

 

彼は最後まで幸せだっただろうな。

とも、私は思っています。

 

思い出すのは

 

体調が崩れ気味だった時でも

 

「ご飯」の言葉や話に

常に反応してくれて

 

お店のキッチンから次々

出てくるご飯やおやつに

クンクンして反応してくれていて、(笑)

 

まぁ、にぎやかなお店でも動じず。(笑)

 

お店でボール遊びしていて、

テンションup状態な

他の子の尻尾フリフリビンタうけてしまっても

全然、怒ることもなく。(笑)(笑)

 

本当に穏やかで、優しくて、可愛い姿を

いつも見せてくれていました。

 

飼い主様とあなたに

ご縁があった事に感謝を心から込めて。

 

牧羊犬とも言われる事が多い

走る事がとても好きと言われている犬種の子でした。

 

飼い主様も毎日5回お散歩にいっていたという、お話も伺っています。

 

今は、向こうの世界で

好きなだけ、好きな場所で

沢山走り回っていますように。

 

そしてとにかく大好き!だったご飯を

好きなだけ食べていますように。(笑)

 

15歳過ぎた大型犬の子。

本当に本当に大往生だったんです。

 

向こうで楽しんで過ごす。

そんな姿を、本当に心より願っております。

 

 

それではまた!