cadogdeliownerBLOG

福岡・博多で手作り犬猫ご飯の専門店をしています。

親不孝と親孝行と母の知恵。

 

10月は実母の誕生日。

 

バタバタ過ぎて

まだ自宅にあるプレゼント。(笑)

 

f:id:cadogdeliowner:20181207085333j:image

 

いちょうのまな板と無水鍋®

 

 

去年は一昨年の年末ぐらいから

実家で大きなトラブルがあって

 

最終的に私が育った実家も

大急ぎで引き払う事になり、

 

69歳になって、

まさかの一人暮らしを始めた母。

 

 

料理好きで沢山の道具を持っていたけれど

色々あって…慌て過ぎたのか…(笑)

 

大切な基本の道具?も

1部捨ててしまった模様。

 

特にまな板と、無水調理できる鍋の事を

「なんで、捨てちゃったのかしら」

と、電話でぼやいていることが多かったので

 

自由人すぎて、

今までとにかく心配かける事が

多かった娘の私。

 

難病続きで、いくつか後遺症や

薬の副作用による問題があり、

 

普段の生活は問題がなくとも

基本的に仕事はできない母。

 

今更、知らない土地(福岡)では

暮らしたくないとの事で、

 

その分の仕送りはしているものの

70歳、関東の暮らしでは余裕はないかなと思い

 

欲しいものを買ってあげるのも

これも、親孝行のひとつなのかなと。

 

でも、送る!送る!と言い続け…

 

仕事に追われて、ただ今12月。爆笑

 

誕生日プレゼントを

クリスマスプレゼントとして送ろうとしている

 

…やっぱり親不孝な私です。(笑)(笑)

 

さて、木のまな板。

 

母が欲しがる理由は

「包丁の刃が痛みにくい」からなんだそう。

 

私も自宅は基本的に木のまな板。

 

今はお店も、1人になってから

全て木のまな板にしました。

 

確かにプラスチックのまな板より

刃は痛みにくいですね。

 

素材が滑るなども少ないので

個人的には木のまな板派なんです。

 

 

手入れが大変と言う方も多いのですが

 

必ずたわしで「水」で洗うなどの

ポイントを押さえれば、長く長く使えますよ♪

 

なぜ、使用したら水で洗うのか?

 

これは、母曰く

特にお魚、肉などの切ったあとに

お湯で洗ってしまうと固まりやすく、

汚れが取りにくく、傷などの部分に入り込み

 

そこからカビなどが

繁殖しやすくなるのだとか。

 

確かに熱などにより

タンパク質は変性を起こすのは

数年前に須崎獣医師から学んだ事。

 

母はそこまで知らず

漠然としたまな板話をしていましたが、

 

やっぱり昔の人の知恵と経験は

実際、一理あるなぁ…と思うんですよね。

 

おばあちゃんの知恵。

母の知恵。

 

時代遅れかもしれませんが

 

それでも私はこの考えを

引き継ぎたいなと思います。

 

ちなみに、私が勝手に

調理器具の師匠と仰いでいる方に

伺ったところ

 

特に丈夫なのは

 

いちょうのまな板。

もしくは檜のまな板なのだそうです♪

 

無水調理ができる鍋も便利ですが

その話はまたいつか。

 

それではまた!