cadogdeliownerBLOG

福岡・博多で手作り犬猫ご飯の専門店をしています。

課題の表面化。

 

ただ今、我が家は

シェアご飯ではなく、ごった煮ご飯月間。

 

f:id:cadogdeliowner:20190508224217j:image

 

それは、小町預かり事情。

 

f:id:cadogdeliowner:20190508224400j:image

 

初めましての時から

 

まだ4ヶ月なのに

 

レーニングの問題だけではなく、

健康面でも色々な課題抱えているなぁ。

 

と、言うのが

私の正直な感想でした。

 

基礎代謝が悪く、課題が多いと感じる子に

 

水分摂取量をあげたり、運動をさせたり

基礎代謝をあげると

 

一見、症状が露呈したり、

悪化する子がいます。

 

一見というのは

一般的にはそう言われるということで、

 

実際は元々その体に抱えていた問題が

 

代謝が良くなる事で

表面化する事が多いのですが

 

元スタッフ犬のふくも同様でしたね。

 

お店に務め始めた頃。

 

f:id:cadogdeliowner:20190508230051j:image

 


f:id:cadogdeliowner:20190508230048j:image

 

 

症状のMAX時期(初勤務から4週間過ぎた頃)
f:id:cadogdeliowner:20190508230059j:image

 

↓CADOGDELI卒業時期
f:id:cadogdeliowner:20190508230045j:image


f:id:cadogdeliowner:20190508230055j:image

 

※元スタッフの許可は得てます。

セミナーの受講生に見せると

 

「これ、同じ犬ですか?」と、

本当に驚かれるものです。(笑)

 

小町みていると

正直、ふくを思い出します。(笑)

 

ただ、まだ4ヶ月。

 

ほとんど無かったお腹の毛も生えてきて

 

f:id:cadogdeliowner:20190508230755j:image

 

顔だけ、合成した犬の様になっていた

首から下の色も

 

今少しづつ、顔の毛色と同じ毛が

生えてきました。

 

これは

 

f:id:cadogdeliowner:20190508231123j:image

 

ライの時にも感じた事ですが、

この話はまた今度。(笑)

 

f:id:cadogdeliowner:20190508230851j:image

 

今、なんていうか…

ペンギンの子供の脱皮中な感じ。(笑)

 

このまま、何事もなくいってくれれば。

 

とも、思っていましたが…

 

 

 

頭の中では

 

我が家生活が3週間目に入ってきて

 

ガッツリお散歩&水分摂取量あげて

デトックス強化して

 

ほとんど無かった筋肉もついてきた。

体も温かくなってきた。

 

水分摂取量も上がってきた。

 

毛の変化、便の変化も出てきた。

 

…もしかしたら

 

そろそろ

 

元スタッフ犬のふく同様、

 

この子も、抱えている課題が

かなりあるのであれば

表面化してドンっと出てくるかもなぁ…と

 

心の中で覚悟はしつつ。苦笑

 

 

で、今日夕方遅くの散歩で

若干派手に転んでしまった小町。

 

その時は何事もなく、元気に走りつづけるので

「大丈夫かな」と思ってましたが

 

 

夜になってから、元気は元気だけど

 

いつも以上に右の耳や

後頭部や首付近触るのを嫌がる&気にする。

 

右に頭を傾けてる事が目につき、

 

よく見ると耳周りの毛が濡れている

 

耳奥のケガや

万が一、脳の出血関係だったら

 

今は元気だからと、

朝まで待つのはちょっと怖いなと

 

 

とりあえず、21時前に夜間病院へ。

 

色々検査してもらったら

耳のところに軽い擦り傷と…(転んだ際にできた)

 

「この子」の課題らしきものの先生の診断。

 

 

 

4ヶ月だから「戻り」も早く、

何も起こらずいける可能性もある

との仮説もたてていましたが

 

 

小町さんよ…

 

f:id:cadogdeliowner:20190509094213j:image

 

君、推定だけど

 

産まれて5月で、満4ヶ月。

 

1番初めの飼い主が

ペットショップ、ブリーダーさんから

譲り受けたと仮説を立ててみて、

 

引渡し50日前後の事も考えて、

 

 

 

先の保護主さんの保護期間と

うちの保護期間を合わせても

約1ヶ月。

 

その前…

どんな暮らしだったか不明なのが、

推定1ヶ月半。

 

 

 

まだ、成犬やシニア犬というならば

100歩譲ってこの状態というならば

 

多少の理解はできるけど

 

どうしたら、たった1ヶ月半(推定)で

逆に、こんな状態にできるのか?

 

 

…どんだけ劣悪な環境にいたんだい?

 

 

と、本犬に聞けるものなら

色々とまた聞きたくなりました。苦笑

 

 

何も無く進めれば

あと一息と思ってましたが、

 

 

本日発覚の課題で、

もうふた息に変更かな。(笑)

 

我が家かかりつけの西洋医学の先生と、

私の学びの上でのホームケア

 

あと、2週間とことんMAXでやってみて

大きな改善が見えない様ならば

 

師匠である須崎獣医師に

これをこじらせる前に

早いうちに、ささっとお願いしましょ♪(笑)

 

 

処置に泣き叫ぶ小町の横では

 

さっきまで、待合室で

飼い主様に甘えてたはずのパグちゃんが

 

いつの間にか

心臓マッサージをされていました。

 

 

夜間病院というのは…

朝まで待てない」という

緊急性が多いという場所だというのもあるのでしょうが…

 

何ともいえない

複雑な心境になる場面を見る事もありますね。

 

 

 

やっぱり、何にしろ

早め早めの対応をする事。

 

私にご縁のある方には、

しつこくも、口うるさくとも?

伝えていけたらと思った今日この頃でした。